局所性多汗症には手掌多汗症、足蹠多汗症、腋窩多汗症、頭部多汗症、顔面多汗症と発汗する場所によって病名が変わります。

特に顔面多汗症や頭部多汗症は女性の場合には顔汗により化粧が落ちてしまうなど美容面でマイナス要素となるだけに悩んでいる人も少なくはないと言えます。
多汗症の原因には精神的要素や喫煙、カフェインの摂取し過ぎ、生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。
治療は皮膚科などで受けられます。

顔汗などを含め多汗症による汗を止められる治療方法は、カウンセリングから始まります。
制汗剤や塗り薬、生活習慣や精神的要因を取り除きながら様子を見ます。
効果が現れないようであれば手術を選択できるようになります。

多汗症に最も効果のあるETS手術(胸腔鏡下交感神経節遮断術)は脇の下の皮膚を2ミリから4ミリほど切り、内視鏡で確認しながら交感神経を10ミリ程度切断します。時間も40分ほどで終了して、費用が10万円ほどになります。
傷口が小さいので体の負担も少なく、日帰り手術ができます。

悩んでいた部位の汗が止まる代わりに他の部位から汗を多くかくようになる代償性発汗が起こります。
一度切断した交感神経は元に戻らないので安易に手術という選択肢を選ぶのではなく、良く考えてから判断することが大切になります。

代償性発汗が怖い場合には、まず片側だけを手術してみて汗がどのくらいの量が出るのか確認したりする方法もあります。

今の時代、ひどい顔汗で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

一般的に知られている病名には顔汗多汗症があります。
顔汗多汗症は、それほど汗をかく場面でないのに必要以上に汗をかいてしまう病気とされています。
この症状は実際に生活に支障をきたしていなければ様子観察するという方針がとられています。しかし病院で治療が施されていますので治る可能性もあります。
1人で悩まずに医師に相談されることをおすすめします。

最近、注目されている治療法の中には汗を抑える成分を含む商品を使った方法があります。
たとえばサラフェという名前を聞いたことがあるでしょう。
サラフェは顔汗を抑える制汗剤として知られていて配合成分に高濃度のパラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれています。

今の時代、顔汗多汗症を根本的に治す手段はないようですがあきらめてはいけません。
それにとって代わる治療法としてボツリヌスや神経遮断薬などを注射する方法があり、ある程度の効果が報告されています。

また漢方薬などの薬も効果があり治療方針の中に含まれているようです。

また汗をかく人は精神的な緊張やストレスなどが関わっている可能性もありますので、精神安定剤を併用することで効果がでる場合もあるようです。

まずは病院を受診され、自分にあった薬を処方してもらうことが必要です。
また胸腔鏡下交感神経節遮断術という手術もありますが、その副作用に代償性発汗という症状が多くの方にみられるという報告があります。
手術はあくまで最終手段として考えましょう。
まずは制汗剤を使った方法から始める方針で治療をすすめてみてはいかがでしょうか。


顔汗を多量にかいてしまう場合には、生活に支障がでて困っている方もいるでしょう。
顔汗をかいてしまうと、べたべたとした汗をかいてしまったり、また、女性などの場合には、化粧などをして、その状態から汗を多量にかいてしまうと、メイクが崩れてしまうため、悩んでいる方もいるでしょう。

汗が多量にでてしまうのは、病気の可能性もありますので、心配な場合には、医療機関で治療をしてもらうことも可能です。
また、専門家によるアドバイスをきき、生活なども改善していくのも対策の一つになります。

自身で汗対策をするならば、生活習慣を改善することが大切です。
特に、普段からあまり運動しない方などは、あまり汗をかく機会もなく、そのため、正常に汗をかかず、顔汗だけ極端にかいてしまっていることも考えられます。
そのため、定期的な運動をする習慣を身につけ、適度な運動をして汗をかき、代謝機能を向上させることも大切です。

運動をすることで血流の改善にもなるので、自身の健康にとってもいい影響を与えるでしょう。
また、肥満などの防止につながり、脂肪を燃焼させることにもなるため、ダイエット効果なども期待できるので、運動は、積極的に生活習慣として取り入れていくことが大切です。

その他にも、顔汗対策として、こまめに汗を拭き取ることや洗顔をして顔に汗や皮脂などがのこらないようにすることも、肌を清潔に保ち、肌荒れなどを防ぐことも大切です。
さまざまな対策やときには医療機関での治療などで生活に支障がでないように顔汗対策をしていきましょう。

多汗症に悩む方は、大勢いらっしゃいます。
数多く出回っている制汗商品に迷っていませんか。
一度、美容クリニックに相談してみてはいかがでしょう。
カウンセリングは無料で、無理な勧誘もありません。

多汗症治療

軽度の多汗症なら注射がおススメです。
日帰りができて、1回の注入で効果は、3ヶ月~6ヶ月持続します。
聖心美容クリニックならではのポイントは次の4つです。

①年間フリーパス

フリープランになっていて、1年に5回まで自由に受けられます。
1回ずつ申し込むより経済的でお得感があります。
228,000円~292,000円です。

②3種類の薬剤を使用

高品質な3種類の薬剤を使用しており、それぞれに異なった特徴があります。
だから、「少しだけ効かせたい」「ここだけ効かせたい」というワガママな要望をかなえてくれます。

薬剤は「毒」ではないの?

もともとは「毒」の菌ですが、無害化をして適正な量を注入すれば、問題はありません。

③ドクターが実際にテスト

全員のドクターが自身の体で実際にテストしています。
右半身と左半身で別々の薬剤を注入し、効果を比較しています。
更に、さまざまな部位で検証済です。

ドクターのトレーニング

日々進化をする医療なので、ドクターもトレーニングや技術研究を重ねています。
そのため、高品質な技術を提供できます。

④プライバシーへの配慮

待合室は、完全個室制なので、「他の患者さんとはち合わせ」なんてことにはなりません。

薬剤を注入できる部位

両脇、手、足、額、うなじに注入できます。

誰にも言えない多汗症の悩み。
1人で悩んでいませんか。
「美容クリニックでの注射は痛いのかしら。」
別途有料ですが、麻酔も出来るので安心です。

多汗症治療のポイントは3つ

多汗症治療のポイントを3つ紹介します。

①ボトックス注射とは

額の場合は、生え際全体に注射をして、薬剤を注入します。
薬剤は、もともとは有害な菌ですが、無害な菌にして適量を注入するので、人体に悪影響はありません。

②施術後は日帰りOK

施術後は、日帰りできるので、翌日にお仕事があっても安心です。

③効果は4ヶ月~6ヶ月持続

個人差はありますが、最大で半年持続します。

新宿御苑美容クリニックならではの、特徴を2つ紹介します。

①新宿御苑という立地

新宿御苑という立地のメリットが2つあります。
①緑豊かな閑静な環境にて美容施術が受けられます。
②家賃が安価なため、施術料金が格安でリーズナブルです。

②料金は比較的リーズナブル

顔面多汗症、顔汗ボトックスの場合は、1回につき40,000円~80,000円です。
麻酔代別途2,000円となっています。

注射できる場所

ワキ、手足、頭皮、額に注射できます。

お問い合わせフォーム、予約は24時間受付OK

お問い合わせフォームは、24時間受付なので、お仕事から帰ってきて遅い時間になっても大丈夫です。
1人で悩まずに、まずはお問い合わせで相談してみてはいかがですか。

スタッフブログ

スタッフさんのブログの内容も面白いので是非読んでみてください。